読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「使い捨て減らします」…スタバが皇居外苑に実験店舗

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 スターバックスコーヒージャパンは1日、ごみの量を大幅に減らす店舗を皇居外苑(東京都千代田区)にオープンした。マグや樹脂製グラスなど、繰り返し使える容器でドリンクを提供する。通常店舗に比べ、使い捨てカップの使用量を75%程度減らすことを目指す。

ごみの削減につながる樹脂のグラス(1日、東京都千代田区で)
ごみの削減につながる樹脂のグラス(1日、東京都千代田区で)

 店内のデザインにもこだわった。ケーキなどのフードは電子パネルで紹介する。消費期限が過ぎると、廃棄せざるを得ないからだ。家具は国産木材を使って、古くなっても修理して使う。床には、コーヒーの豆かすを練り込んで二酸化炭素を固定化したタイルを敷いた。

 スターバックスは、再生可能エネルギーを使った店舗など、環境負荷の軽減を進めている。利用客の反応をみたうえで、全国展開も検討する。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2562927 0 経済 2021/12/01 18:52:00 2021/12/01 21:01:22 2021/12/01 21:01:22 「スターバックスコーヒー 皇居外苑和田倉噴水公園店」で店内飲食客向けに提供される樹脂性のグラス(1日、東京都千代田区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211201-OYT1I50113-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)