日本着の国際線新規予約を停止、月末まで…オミクロン株対策で国交省要請

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に対する水際対策の一環として、国土交通省は国内外の航空会社に12月末までの1か月間、日本着の全国際線について新規予約を停止するよう要請し、各社がこれに応じた。また、政府は2日午前0時からアフリカ南部10か国からの外国人の再入国を原則として拒否することにした。1日は国内2例目の感染が判明。対策強化は今後も進むとみられる。

閑散とする国際線の出発ロビー(1日夜、東京都大田区の羽田空港で)=須藤菜々子撮影
閑散とする国際線の出発ロビー(1日夜、東京都大田区の羽田空港で)=須藤菜々子撮影

 国交省による予約受け付けの停止要請は11月29日付で、日本航空や全日本空輸を傘下に持つANAホールディングス(HD)のほか、日本の空港に路線を持つすべての海外航空会社に実施した。日航とANAHDは12月1日から、それぞれ新規予約を停止した。航空各社によると、今年の12月は、年末年始を国内で過ごしたい海外に住む日本人からの到着便の予約が増えていたという。海外の航空会社も広く応じている。

 停止は帰国希望の日本人も対象となるため、予約を取っていなければ一時的に帰国できなくなる。国交省は要請について、「オミクロン株の実態がはっきりしない中で感染拡大を食い止めるための緊急避難的な措置だ」としている。

 停止前日までに予約をしていれば、通常通り到着便に搭乗できる。国内空港が乗り継ぎ地点となる便は、措置の対象外とした。

 日本からの出国便は引き続き新規予約を受け付ける。ただし、日本に住む人は今回の措置でしばらく帰れなくなる恐れがあるため、出国希望者の抑制につながるとみられる。

 ANAHDは、「帰国を強く望む日本人も帰国できなくなるため、今後、国と対応を話し合いたい」(広報担当者)とした。国交省側も「(日本人の帰国については)検討を続ける」とし、停止要請の期間を短縮する可能性を示唆した。オミクロン株の国内感染状況をはじめ総合的に検証して判断するとみられる。

 国内経済はワクチン接種の広がりと感染者の縮小で、正常化に向けてようやく動き出していた。今回の措置は、外国人が訪れる国内開催のイベントや重要なビジネス会議の中止など、影響が多岐にわたりそうだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2563739 0 経済 2021/12/01 23:24:00 2021/12/02 00:18:12 2021/12/02 00:18:12 がらんとする羽田空港の国際線の出発ロビー(1日午後7時32分、羽田空港で)=須藤菜々子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211201-OYT1I50154-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)