11月の消費者態度指数、39・2で横ばい…「持ち直しの動き続く」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

内閣府
内閣府

 内閣府が2日発表した11月の消費動向調査によると、今後半年間の暮らしの見通しを聞いた消費者態度指数(2人以上の世帯、季節調整値)は前月から横ばいの39・2だった。消費者心理の基調判断は「持ち直しの動きが続いている」に据え置いた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2565009 0 経済 2021/12/02 14:20:00 2021/12/02 14:20:00 2021/12/02 14:20:00 内閣府。中央合同庁舎8号館。東京・千代田区霞が関で。2021年5月22日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211202-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)