月面の砂地もスイスイ、日産とJAXAが探査車を共同製作

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日産自動車は2日、宇宙航空研究開発機構( JAXAジャクサ )と共同製作した「月面ローバ(探査車)」の試作機を公開した。

日産とJAXAが共同製作した月面探査車の試作機
日産とJAXAが共同製作した月面探査車の試作機

 タイヤの4輪すべてに電動モーターを取り付け、動きを細かく制御するのが特徴という。月や火星の表面のような足場の悪い砂地でもタイヤの空転を防ぎ、自由に少ないエネルギーで走れる技術の確立を目指している。

 日産は、共同研究で得られたデータを市販車にも活用することを目指す。中島敏行・先行車両開発部長は「砂地だけでなく、雪道やぬれた路面など悪路での走行にも生かしたい」と話している。試作機は、27日まで日産本社(横浜市)のギャラリーで一般公開する。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2566083 0 経済 2021/12/02 21:43:00 2021/12/02 21:43:00 2021/12/02 21:43:00 日産とJAXAが共同製作した月面ローバの試作機(横浜市の日産本社で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211202-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)