読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

OPECプラス、生産計画を維持…オミクロン株による需要低迷に備え

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=池田晋一】石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟産油国による「OPECプラス」は2日、オンラインで閣僚級会合を開き、従来の生産計画を維持することで合意した。新型コロナウイルスの新しい変異株「オミクロン株」の検出で見込まれる原油需要の低迷に備える。

ウィーンにあるOPEC本部
ウィーンにあるOPEC本部

 OPECプラスは今年8月から毎月、原油需要の回復に合わせて日量40万バレルずつ産油量を増やしてきた。2日の会合では、1月も前月比で40万バレル増産し、OPECプラスで世界の原油需要の4割を占める日量4050万バレル規模を生産することを決めた。

 原油価格は11月上旬、代表的指標のテキサス産軽質油(WTI)の先物価格が1バレル=84ドル台をつけるなど、約7年ぶりの高値水準となった。日米などはOPECプラスに対し、価格を抑えるため、一層の増産を求めていたが、OPECプラスは11月の閣僚級会合でこれに応じず、日米などは需給緩和のため石油備蓄を放出する異例の決定に踏み切った。

 足元では、「オミクロン株」の感染拡大への懸念から原油価格は下落している。WTI先物価格は1日、1バレル=65ドル台まで下げた。原油価格の高値を維持したいOPECプラスにとって、追加増産は選択肢ではなかった。一方、予定通り増産を続けることで、消費国に一定の配慮を示したとみられる。

 決定が伝わると、2日のニューヨーク原油先物市場では、WTIが一時、前日終値と比べ約3ドル値下がりし、1バレル=62ドル台に下落した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2566431 0 経済 2021/12/02 23:30:00 2021/12/03 00:14:22 2021/12/03 00:14:22 原油の減産拡大が協議される石油輸出国機構(OPEC)本部。新型コロナウイルス感染の懸念から報道陣は立ち入りを禁止された。ウィーンで。2020年3月5日撮影。同月6日朝刊「原油150万バレル減産合意 OPEC臨時総会 露との調整課題」掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211202-OYT1I50146-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)