読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日立とGE、カナダで次世代原子炉を受注…世界的に原発再評価の動き

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日立製作所と米ゼネラル・エレクトリック(GE)の合弁会社、GE日立ニュークリア・エナジーは2日、カナダの電力会社から次世代原子炉「小型モジュール炉(SMR)」を受注したと発表した。「脱炭素エネルギー」として世界的に原発を再評価する動きが広がっており、日本企業も対応を急いでいる。

カナダに建設されるSMRのイメージ図(GE日立ニュークリア・エナジー提供)
カナダに建設されるSMRのイメージ図(GE日立ニュークリア・エナジー提供)

 GE日立が受注したのは、出力30万キロ・ワット級の沸騰水型SMR。出力を従来型の原発の3分の1以下に抑え、小型化した。カナダのオンタリオ州ダーリントンに建設し、2028年の稼働を目指す。同国初の商用SMRで、約30万世帯分の発電を行う計画だ。

 構造の小型化と簡素化を両立させたSMRは、建設費を従来の原発の5分の1程度に抑えられるとされる。重大事故の場合でも、冷却水を自動的に循環させる仕組みで安全に停止させることができるという。

 発注したオンタリオ・パワー・ジェネレーション(OPG)は22年中に、カナダの原子力規制当局に建設許可を申請する予定だ。ケン・ハートウィック最高経営責任者(CEO)は、原子力を「実証された(温室効果ガス)排出ゼロの基幹電源だ」と強調した。

 世界的な脱炭素の流れを受け、発電時に温室効果ガスを排出しない原子力発電への関心は再び高まっている。OPGによると、米国や英国、ポーランド、エストニアなどがSMRの建設に関心を示しているほか、フランスのマクロン大統領は11月、原発の建設を再開すると公表した。

 日本企業では、IHIと日揮ホールディングスが、SMRを開発する米新興企業ニュースケール・パワーに出資し、29年の稼働を目指している。GE日立は、米マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏が設立した新興企業と技術提携し、SMRとは異なる新型炉の建設も目指す。

 従来型の原発を手がけてきた三菱重工業は、「安全性を追求した次世代軽水炉や小型炉の開発、実用化に注力していく」(泉沢清次社長)としている。東芝も次世代炉の開発を進めている。

 カナダがSMR建設を決めたことで、開発競争が加速しそうだ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2567429 0 経済 2021/12/03 13:39:00 2021/12/03 21:54:42 2021/12/03 21:54:42 カナダに建設されるSMRのイメージ図(GE日立・ニュークリアエナジー提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211203-OYT1I50123-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)