読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

「コシヒカリしかない」知事発言、かえって宣伝になった…御殿場産に県知事賞

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 静岡県の川勝平太知事の発言で注目された「ごてんばこしひかり」が、「第18回お米日本一コンテストinしずおか」(実行委員会主催)でベスト6の「最高金賞」と県内最高の「県知事賞」に輝いた。知名度が上がっただけでなく、実力も評価された形となり、生産者は「今後も品質を高めたい」と意欲を見せている。

静岡県の川勝知事
静岡県の川勝知事

 33都道府県から41品種計439点が出品され、4日に静岡市内で最終審査があった。米・食味鑑定士、お米マイスターなどの審査員15人が銘柄などを伏せて味や香りを評価した。

 JA御殿場によると、コシヒカリは富士山の伏流水や寒暖差を生かし、化学肥料を抑えた栽培で甘みが強いのが特徴。川勝知事が参院補選の応援で「(御殿場市には)コシヒカリしかない」などと発言し、撤回と謝罪に至ったが、その渦中で同JAには「どこで買えるのか」といった問い合わせが増えたという。

 受賞した同JA部農会の男性(71)は「(発言は)かえって宣伝になった。これを機に多くの人に御殿場のコメを食べてほしい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2571527 0 経済 2021/12/05 09:43:00 2021/12/05 10:15:12 2021/12/05 10:15:12 問題となった発言について弁明する川勝知事(9日、県庁で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211204-OYT1I50105-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)