三菱の軽「eK」製造・販売を一時停止…「確認事項あるため」と詳細公表なし

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 三菱自動車が水島製作所(岡山県)で生産している軽自動車「eKスペース」と「eKクロススペース」の製造・販売を3日から一時停止していることがわかった。日産自動車に供給している姉妹車「ルークス」の受託生産も止めている。三菱自は「確認事項があるため」としているが、詳細は公表していない。

三菱自動車の水島製作所
三菱自動車の水島製作所

 生産を停止している3車種は、日産と三菱自が共同開発した。国土交通省審査・リコール課は「直ちにリコールする必要はないと両社から報告を受けた。追加の報告を待って判断する」と説明している。

 関係者によると、確認作業は安全性能に関連したものだという。水島製作所で生産している他の車種に問題は見つかっていない。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2581689 0 経済 2021/12/08 21:29:00 2021/12/08 21:29:00 2021/12/08 21:29:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211208-OYT1I50118-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)