「技術進歩が経済引っ張る」吉川洋・立正大学長、人口減進む日本の経済成長をテーマに講演

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「読売ビジネス・フォーラム2021」が9日、札幌市で開かれ、経済学者の吉川洋・立正大学長(70)が「日本経済の現状と課題~イノベーションの役割」と題し、約120人を前に講演した。

講演する立正大学大学長の吉川洋さん(9日、札幌市中央区で)=佐々木紀明撮影
講演する立正大学大学長の吉川洋さん(9日、札幌市中央区で)=佐々木紀明撮影

 吉川氏は、人口減少が進む日本では今後の経済成長は望めないとする見方に対し、「人口と経済成長は普通に考えられているほど直結したものではない」と指摘。「労働生産性の伸びをもたらすのは、広い意味での技術進歩。社会のニーズを先取りして、新しいものを作り出す力が経済を引っ張ってきた」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2585250 0 経済 2021/12/09 22:10:00 2021/12/09 22:45:11 2021/12/09 22:45:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211209-OYT1I50162-T-e1639057504560.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)