通天閣に巨大滑り台…全長60m、来年5月オープン

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪・新世界の通天閣(大阪市浪速区)を運営する通天閣観光は、展望台と地下を結ぶ全長約60メートルの巨大滑り台を新設すると発表した。来年5月の大型連休に合わせてオープンする。

通天閣に新設予定の滑り台のイメージ図=通天閣観光提供
通天閣に新設予定の滑り台のイメージ図=通天閣観光提供

 「タワースライダー」と名付ける新アトラクションは、通天閣3階の展望台から東側のエレベーター塔の周りをらせん状に1回転半し、地下1階まで高低差26・5メートルを10秒ほどで滑り降りる。チューブ状で、天井部分が透明になっており、滑りながら通天閣を見上げることができるという。

 担当者は「コロナ禍で離れた観光客を呼び戻し、地域ににぎわいを生み出したい」と話した。

 利用は身長1メートル20以上。料金は1000円(展望台の入場料は別途必要)。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2597968 0 経済 2021/12/15 09:14:00 2021/12/15 11:42:42 2021/12/15 11:42:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211214-OYT1I50175-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)