銀座「和光本館」、来年6月「セイコーハウスギンザ」に改称…工房やスタジオなど新設

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 セイコーホールディングス(HD)は16日、東京・銀座の宝飾販売店「和光本館」の名称を、2022年6月に「SEIKO HOUSE GINZA(セイコーハウスギンザ)」に変更すると発表した。一部フロアを改修し、セイコーブランドの発信拠点とする。

「セイコーハウスギンザ」に改称される和光本館
「セイコーハウスギンザ」に改称される和光本館

 改修するのは5~7階と屋上スペース。セイコーの「 (たくみ) の技」を体験できる工房や最新製品を展示するスペース、国内外へのデジタル発信を行うスタジオなどを新設する。屋上は、ウッドデッキや植栽を配置し、時計塔の鐘の音を聞きながら銀座の中心を体験できる場とする。

 セイコーHDの服部真二会長は16日の記者会見で「社会から必要とされ、愛される原点として、『セイコーの小さなお うち 』にしたい」と述べた。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2602798 0 経済 2021/12/16 17:43:00 2021/12/16 22:43:02 2021/12/16 22:43:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211216-OYT1I50124-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)