中国0・05%利下げ…経済失速、習政権の危機感の表れか

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=小川直樹】中国人民銀行(中央銀行)は20日、銀行の貸出金利の指標となる最優遇貸出金利(ローンプライムレート=LPR)について、1年物の金利を0・05ポイント引き下げて3・80%にした。引き下げは中国で新型コロナウイルスの感染拡大による打撃が深刻だった2020年4月以来、1年8か月ぶりで、事実上の利下げとなる。

[深層NEWS]第7波「地域差があり、まだ警戒必要」…山際再生相が舛添氏と議論

 中国経済は消費の減退や不動産開発の低迷などで失速しており、企業の金利負担を軽くする狙いがある。

 人民銀は15日、金融緩和効果が期待される銀行の預金準備率引き下げを実施したばかりだ。LPRの引き下げは、経済の現状に対する 習近平シージンピン 政権の危機感の表れと言えそうだ。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2611710 0 経済 2021/12/20 11:44:00 2021/12/20 11:44:00 2021/12/20 11:44:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)