全固体電池、村田製作所が来年度中に月産10万個の量産開始…イヤホンなど小型端末向け

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 村田製作所は、安全性に優れるとされる次世代電池「全固体電池」の量産を2022年度中にも始める方針を明らかにした。月産10万個を目指し、イヤホンなど小型端末向けに供給する。

村田製作所が開発する全固体電池=同社提供
村田製作所が開発する全固体電池=同社提供

 電子機器や電気自動車(EV)向けを中心に普及している現在のリチウムイオン電池と異なり、全固体電池は電解質に液体ではなく固体を使う。大容量で小型化しやすく、発火しにくいといった特徴がある。

 村田製作所が生産する全固体電池は、イヤホンやVR(仮想現実)ゴーグル用などを想定している。量産化が実現していないEV向けについては、中島 規巨のりお 社長は読売新聞の取材に対し「他社との差異化が非常に難しく、投資ばかりかかる」と否定的な考えを示した。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2617944 0 経済 2021/12/22 05:00:00 2021/12/22 08:19:52 2021/12/22 08:19:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211221-OYT1I50149-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)