新幹線の新型車両「かもめ」、希望の紅白…「コロナ禍の日本の起爆剤に」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

報道陣に公開された西九州新幹線の新型車両「かもめ」(22日、山口県下松市で)
報道陣に公開された西九州新幹線の新型車両「かもめ」(22日、山口県下松市で)

 JR九州は22日、2022年秋に開業予定の西九州新幹線(武雄温泉―長崎)で使用する新型車両「かもめ」を、製造している山口県下松市の日立製作所笠戸事業所で報道陣に公開した。

国内で新たに9572人感染、死者13人…重症者は5人増の45人

 JR東海が開発した最新型の「N700S」がベースとなっており、外観は白色を基調に、JR九州の企業カラーの赤をあしらった。デザインは、豪華寝台列車「ななつ星in九州」などを手がけた工業デザイナーの水戸岡鋭治さんが担った。

 開業までに4編成(1編成は6両)を製造して順次、長崎県内の車両基地に運ぶ計画で、JR九州の青柳俊彦社長は「西九州新幹線の開業を、コロナ禍に見舞われている日本の起爆剤にしたい」と述べた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2621810 0 経済 2021/12/23 05:29:00 2021/12/23 08:13:42 2021/12/23 08:13:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211223-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)