八戸港水揚げ27%減、記録的不漁…72年ぶり水揚げ5万トン割れ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 青森県の八戸市水産事務所は29日、八戸港の2021年の水揚げ実績(速報値)を発表した。数量は前年比27%減の4万4472トンで、1949年以来、72年ぶりに5万トンを割り込み、記録的な不漁となった。

八戸港の水揚げ
八戸港の水揚げ

 金額も前年比35%減の86億7781万円で、こちらも64年以来、57年ぶりに90億円に届かなかった。ピーク時(82年)と比べると約11分の1で、深刻さを増している。

 また、全国主要魚市場の順位は、数量が前年の10位から12位に後退し、金額は10位から14位に下がる見通しとなっている。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2643562 0 経済 2022/01/01 23:28:00 2022/01/01 23:48:04 2022/01/01 23:48:04 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220101-OYT1I50092-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)