十倉経団連会長「業績回復した企業は従業員に還元を」…賃上げの数値目標は否定

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 経団連の十倉雅和会長は、読売新聞などのインタビューに応じた。1月に公表する経団連の春闘指針で、賃上げについて「業績が回復した企業は、積極的に従業員への成果還元に努めてほしい」といった趣旨の呼びかけをする考えを示した。

インタビューに答える経団連の十倉会長
インタビューに答える経団連の十倉会長

 十倉氏は、「(春闘指針の)本文に数字は載せていない。できるところはもっとやってほしい」と述べ、賃上げの数値目標を掲げることは否定している。「賃金は、個社が事業環境や収益力を踏まえ、労使で話し合って決めるのが大原則だ」と強調した。

 2022年の日本経済については「ようやくワクチンも行き渡り、社会経済活動も回り始めた。3%を超える成長を期待したい」と語った。エネルギー資源の価格を巡っては、「高い価格で張り付いて、ボラティリティー(変動性)が大きい状況も覚悟しないといけない」と述べた。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2642440 0 経済 2022/01/01 00:00:00 2022/01/01 00:00:00 2022/01/01 00:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/12/20211231-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)