模型みたいですが30トンあります…西九州新幹線の新車両「かもめ」上陸

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 今秋に開業予定の西九州新幹線(武雄温泉―長崎間)で使われる新型車両「かもめ」の陸揚げ作業が9日、長崎県川棚町の川棚港で行われた。港では歓迎セレモニーも開かれ、関係者や保育園児ら約150人が出席し、手旗を振って車両を迎え入れた。

クレーンで陸揚げされる新型車両「かもめ」
クレーンで陸揚げされる新型車両「かもめ」

 車両は1編成(6両)で、製造された山口県の事業所を6日に出発し、8日に同港に到着した。9日朝、大型クレーンで先頭車両(重さ約30トン、全長約27・5メートル)からゆっくりと陸揚げされた。

 セレモニーでは、中村法道知事が「新しい車両を目の当たりにし、感慨もひとしお」とあいさつ。JR九州の青柳俊彦社長は「開業に合わせた沿線自治体のまちづくりが、新幹線の利用促進につながるだろうと期待している」と語った。

 陸揚げされた車両は順次、大村市の大村車両基地に運ばれる予定。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2662030 0 経済 2022/01/10 15:15:00 2022/01/10 18:15:02 2022/01/10 18:15:02 クレーンで陸揚げされた新型車両「かもめ」=美根京子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220109-OYT1I50113-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)