飛行機出勤も可能、交通費は月15万円まで支給…在宅勤務導入に熱心なヤフー

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ヤフーは12日、4月から約8000人の社員が住む場所の制限を撤廃し、国内ならば、どこに居住することも認めると発表した。従来認めていなかった飛行機や特急、高速バスでの出勤も可能になる。社員が働きやすい環境を整え、優秀な人材の確保を狙う。

ヤフー本社が入居するビル(東京都千代田区)
ヤフー本社が入居するビル(東京都千代田区)

 交通費は1か月15万円を上限に支給する。ヤフーはこれまでも、テレワーク(在宅勤務)の導入に熱心だった。1月時点で、約9割が対応している。ただ、社員が居住する場所は、前日に指示を受けて、午前11時までに出社できる範囲の制限をかけていた。

 見直しに伴い、テレワークの環境整備に必要な費用として社員に支払っている「どこでもオフィス手当」は、1000円増やし、毎月最大1万円補助する。一方、コミュニケーションを活発化させるために、懇親会の補助費を1人あたり毎月5000円まで給付する。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2668337 0 経済 2022/01/12 14:45:00 2022/01/13 06:54:32 2022/01/13 06:54:32 西武ホールディングスは9日、旧グランドプリンスホテル赤坂跡地(東京都千代田区)に建設していた複合施設「東京ガーデンテラス紀尾井町」の一部の商業施設を、10日に先行開業すると発表した。東京都千代田区で。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220112-OYT1I50079-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)