30年の歴史に幕「街の雰囲気どんどん暗く」…「イトーヨーカドー」閉店

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 茨城県日立市のJR日立駅前の「イトーヨーカドー日立店」が16日、閉店した。午後7時すぎ、浦川昌志店長が「長くご愛顧いただき、そして助けていただき、ありがとうございました」と感謝の言葉を述べると、シャッターが下ろされ、30年の歴史に幕を閉じた。

閉店のあいさつをする従業員たち
閉店のあいさつをする従業員たち

 同店は1991年10月、駅前の中核商業施設としてオープンしたが、郊外型大型商業施設の進出やネット通販の普及に伴う競争激化、コロナ禍による売り上げ減少などから閉店を決めた。

 家族で最後の買い物に訪れた市内の主婦(60)は「なじみの店があったので寂しい。街の雰囲気がどんどん暗くなっていくのが心配」と閉店を惜しんでいた。

     ◇

 閉店により懸念されているのが、駅前商店街のさらなる空洞化だ。後継店舗について、市は商業施設の誘致を基本に交渉を進める方針。テナントが埋まらなかった場合は、テレワークなどのビジネス機能や、高校生、高齢者らの交流スペースを兼ね備えた複合拠点施設も視野に整備を進める。

 当面は、駅前地区の買い物環境を維持するため、隣接施設や商店街に週末、期間限定ショップをオープンさせる。生活雑貨店「無印良品」や市内の農水産物販売業者も出店予定で、ここでの売り上げ状況を見極めながら、各業者が後継テナントとして出店の可否を検討するとみられる。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2679560 0 経済 2022/01/17 07:59:00 2022/01/17 09:43:42 2022/01/17 09:43:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220117-OYT1I50003-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)