みずほ社長に木原執行役が昇格…システム障害への対応加速、交代を2か月前倒し

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 システム障害が相次ぐみずほフィナンシャルグループ(FG)は17日、引責辞任する坂井辰史社長(62)の後任に木原正裕執行役(56)が2月1日付で社長に昇格する人事を正式発表した。退任する佐藤康博会長(69)の後には、今井誠司執行役副社長(59)が4月1日付で就く。

みずほFGの木原正裕氏(みずほFG提供)
みずほFGの木原正裕氏(みずほFG提供)

 木原氏が17日夕、記者会見し、一連の障害を踏まえた再発防止策について説明する方針。坂井氏は従来4月1日付で辞任する予定だったが、再発防止策の取り組みを加速させるため、木原氏への交代を前倒しした。

 みずほは17日、金融庁に対し業務改善命令を踏まえた再発防止策を提出した。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2680829 0 経済 2022/01/17 15:34:00 2022/01/17 15:41:42 2022/01/17 15:41:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220117-OYT1I50080-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)