塩野義の国産ワクチン、国内で最終段階の治験開始…3月末までの供給開始目指す

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 塩野義製薬は17日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、国内で最終段階の臨床試験(治験)を始めたと発表した。国内で既に承認されているワクチンと比較し、有効性を確認する。海外でも最終段階の治験を進めており、国内外での治験結果を踏まえ、3月末までの供給開始を目指す。

国内のコロナ新規感染2万5761人…東京の1週間平均は15%減
塩野義製薬の手代木功社長
塩野義製薬の手代木功社長

 国内での治験では、塩野義が開発中のワクチンと、既に承認済みのアストラゼネカ製ワクチンをそれぞれ500人に2回ずつ接種し、ウイルスの感染を防ぐ「中和抗体」の量を比較する。ベトナムなど海外での治験では、偽薬(プラセボ)と比べることで発症予防の効果を判定している。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2681247 0 経済 2022/01/17 18:59:00 2022/01/18 09:27:22 2022/01/18 09:27:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220117-OYT1I50101-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)