昨年の訪日客、94%減で過去最少の24万5900人…2年連続で大幅減

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本政府観光局が19日発表した2021年の訪日外国人客数は、前年比94・0%減の24万5900人だった。統計を取り始めた1964年(35万2832人)を下回り、過去最少となった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う入国制限の長期化が影響し、2年連続の大幅減となった。

ロックダウンが続く上海、邦人2人が死亡…市当局から総領事館に連絡
国際線の「欠航」の文字が並ぶ羽田空港第3ターミナル(昨年6月)=中村徹也撮影
国際線の「欠航」の文字が並ぶ羽田空港第3ターミナル(昨年6月)=中村徹也撮影

 減少率は20年(87・1%減)を上回り、過去最大だった。訪日客数が最も多かった19年(3188万人)は、毎月200万人を超える入国があったが、21年は東京五輪が開幕した7月の5万1055人が最高だった。

 国別では中国が4万2300人で最も多く、ベトナム(2万6500人)、米国(2万人)が続いた。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2685956 0 経済 2022/01/19 16:56:00 2022/01/19 21:00:12 2022/01/19 21:00:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220119-OYT1I50135-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)