「信玄餅」と「雪見だいふく」がコラボ…25日からコンビニで先行販売「山梨に行った気分を」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大手菓子メーカー「ロッテ」(東京)は25日から、老舗和菓子店「桔梗屋」(山梨県笛吹市)の「桔梗信玄餅」とコラボしたアイス「雪見だいふく」を全国のコンビニエンスストアで先行販売する。

25日から先行販売される「桔梗屋監修 雪見だいふく×桔梗信玄餅」(ロッテ提供)
25日から先行販売される「桔梗屋監修 雪見だいふく×桔梗信玄餅」(ロッテ提供)

 ロッテは、「雪見だいふく」が昨年発売40周年を迎えたことを記念し、全国のご当地菓子とのコラボ商品を展開。これまでに広島や福岡の銘菓をイメージした雪見だいふくが発売されている。

 アイスを覆う餅は、存在感を大きくするため、通常の雪見だいふくより厚くなっている。きな粉味のアイスにはとろりとした黒蜜のソースが入っており、桔梗信玄餅の味わいが再現されている。

 ロッテの担当者は「コロナ禍で旅行の機会が減るなか、全国の人に山梨に行った気分を味わってもらいたい」と話した。

 希望小売価格は2個入りで194円(税込み)。問い合わせは同社(0120・106・244)へ。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2699607 0 経済 2022/01/24 13:29:00 2022/01/24 13:29:00 2022/01/24 13:29:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220121-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)