アジ7万匹にモズク20・4トン…トンガ噴火、10県で漁業被害

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 水産庁は21日、トンガ近海の海底火山噴火による国内の漁業被害を10県で確認したと発表した。人的被害はない。宮崎県でマグロ漁に使うアジ7万匹が大量死したほか、漁船被害は新たに千葉県と宮崎県でも判明し、5県で計37隻となった。

トンガでの火山噴火による津波で、流され折り重なったカキの養殖いかだ(16日、三重県鳥羽市で、読売機から)=中村光一撮影
トンガでの火山噴火による津波で、流され折り重なったカキの養殖いかだ(16日、三重県鳥羽市で、読売機から)=中村光一撮影

 鹿児島県でもブリの稚魚が大量死し、沖縄県ではモズク20・4トンに損害が出た。漁船被害の内訳は転覆・沈没23隻、流失8隻、損傷6隻。養殖施設や漁具の損傷も、宮城県や三重県など7県で15件に上った。被害金額は調査中という。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2693306 0 経済 2022/01/21 21:20:00 2022/01/21 22:58:42 2022/01/21 22:58:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220121-OYT1I50175-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)