寒さ乗り越えて甘み増し、歯ごたえ十分…「一番ニラ」収穫盛ん

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「一番ニラ」を収穫する農家(21日、知内町重内で)
「一番ニラ」を収穫する農家(21日、知内町重内で)

 最初に収穫され、最もおいしいとされる「一番ニラ」の収穫が北海道知内町で盛んに行われている。

 新函館農協知内基幹支店によると、収穫は今月から始まった。寒さを乗り越えて甘みを増し、歯ごたえも十分という。同町重内の田中裕明さん(43)は「おひたしや卵とじのほか、ジンギスカンに入れてもおいしいですよ」と話していた。

 同町のニラの生産者は66戸。昨年は約1847トンが出荷され、販売額は約13億6812万円で、いずれも道内最多となっている。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2694266 0 経済 2022/01/22 06:52:00 2022/01/22 06:52:00 2022/01/22 06:52:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220122-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)