NYダウ終値450ドル安…6営業日で下落幅2000ドル超に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=小林泰明】21日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は前日比450・02ドル安の3万4265・37ドルだった。値下がりは6営業日連続で、合計の下落幅は2000ドルを超えた。米連邦準備制度理事会(FRB)が金融引き締めを加速するとの警戒感が強く、株を売る動きが広がっている。

 米動画配信大手ネットフリックスが20日に発表した四半期決算で、会員の増加ペースが鈍化する見通しが示され、同社の株価が急落。IT関連株に売りが波及し、相場を押し下げた。動画配信に力を入れる娯楽大手ウォルト・ディズニーは7%安と大幅に下落した。

 IT企業の銘柄が多いナスダック店頭市場の総合指数の終値は385・10ポイント安の1万3768・92だった。

 米市場関係者は「過剰な期待から買われていた銘柄を中心に売られている。月内に予定される連邦公開市場委員会(FOMC)や企業決算の内容が今後の値動きのカギになる」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2694275 0 経済 2022/01/22 07:09:00 2022/01/22 10:49:15 2022/01/22 10:49:15

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)