女性従業員「ただただショック」、市長「雇用危機」…アツギ東北工場閉鎖に悲鳴

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ストッキング大手「アツギ」(神奈川県海老名市)の100%子会社「アツギ東北」が、青森県むつ市などの工場の閉鎖を発表してから一夜明けた21日、地元には衝撃が広がった。500人以上の働き口を失う「市始まって以来の雇用危機」(宮下宗一郎市長)。支援策の検討が急がれるが、有効策は見通せない。

国内のコロナ感染者、3万5922人確認…都内の1週間平均は14%減
5月末での閉鎖が決まったアツギ東北のむつ事業所(21日、むつ市で)
5月末での閉鎖が決まったアツギ東北のむつ事業所(21日、むつ市で)

 アツギによると、21日は事業所内で従業員向けの説明を行ったという。朝、工場に出勤途中だった女性従業員は「ただただショック。今後のことはまだ考えられない」と不安げに語った。アツギの古川雅啓・執行役員管理統括は読売新聞の取材に「50年以上続いた工場を閉鎖するのは苦渋の決断で、地域経済への影響も小さくないと考えている。労働組合との協議を通じて対応を検討したい」と声を絞り出した。

 「アツギ東北むつ事業所」は、1965年に解散した「むつ製鉄」の代替企業として誘致され、66年に操業開始。アツギの国内生産の基幹工場で、従業員数は一時約1000人に達し、現在も500人以上が勤める。民間では、下北地域最大の雇用の場となっている。

1

2

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2694820 0 経済 2022/01/22 14:05:00 2022/01/22 14:05:00 2022/01/22 14:05:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220122-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)