相次ぐ「億ション」発売、価格高騰続く…中古にも波及

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 マンション価格の高騰が止まらない。歴史的な低金利と供給不足を背景に、1億円を超える「億ション」の発売が相次ぎ、首都圏新築の2021年平均価格は、バブル期のピークを上回る見通しだ。勢いはほかの大都市や中古物件にも広がっている。

 東京都中央区の「HARUMI FLAG(ハルミフラッグ)」。東京五輪・パラリンピックの選手村を転用して整備したマンションの平均価格帯は、70平方メートルの3LDKで6000万円前後。昨年11月の発売時は、631戸が即日完売となった。倍率は最も高い部屋で111倍、平均8・7倍。19年7月発売の平均は2・6倍だった。

 不動産経済研究所によると、21年1~11月に発売された首都圏の新築マンションの平均価格は前年同期よりも3・5%高い6476万円。東京23区に限れば、8300万円を超える。近畿圏も8・5%高い4612万円だ。

 「ブリリアタワー堂島」(大阪市北区)は49階建てビルで、同じ建物に高級ホテル「フォーシーズンズ」も入っている。最高価格10億8000万円、平均価格1億5000万円台にもかかわらず、売り出した全戸に購入申し込みが入った。

 福岡市内も分譲マンションの販売は堅調で、いずれも、「高ければ高いほど売れる」(不動産関係者)状況にあるという。

 中古物件も価格が上昇している。不動産IT企業「ハウスマート」の調べでは、東京湾岸エリアのタワーマンションの価格は19年12月からの2年間で、平均2割上昇した。中古の売値が新築当時の販売価格を上回る物件も多い。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2697794 0 経済 2022/01/23 22:25:00 2022/01/24 07:04:12 2022/01/24 07:04:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220123-OYT1I50074-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)