建設業界の人手不足解消へ、現場監督の配置基準緩和を検討…国交省

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国土交通省は建設業界の人手不足解消に向け、建設現場を監督する監理技術者の配置基準などを緩和する検討に入った。2022年中にも実施する。専用カメラで遠隔地から管理する仕組みの活用など、デジタル化を促して技術者が同時に監督できる現場数を増やす。現場管理の省力化により、建設コスト上昇の抑制にもつながると期待される。

国土交通省
国土交通省

 建設業法は、請負金額3500万円以上の工事の場合、現場監督として元請け会社は「監理技術者」、下請け会社は「主任技術者」を現場ごとにそれぞれ専任で置く必要があると政令で定めている。1級建築士などの資格を持ち、一般的に5年程度の現場経験が必要な監理技術者は、専門の試験に合格した補佐を置くことを条件に、監督する現場を2か所まで兼務できる。

 国交省は規制緩和策として、政令を改正するなどして基準となる請負金額の引き上げや、監理技術者が兼務できる現場数を増やすことを中心に検討している。

 同時に、デジタル技術を活用して遠隔地から施工管理や安全確保ができるようにする。現場から離れた場所にいる技術者が、作業員のヘルメットに装着したカメラの映像を通じて工事の 進捗しんちょく を同時に把握できる仕組みなどを想定する。

 主任技術者などの資格取得に必要な実務経験年数を短縮することも検討する。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2717175 0 経済 2022/01/31 05:00:00 2022/01/31 05:00:00 2022/01/31 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220131-OYT1I50020-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)