メタ、売上高20%増でも8%減益…「ターゲティング広告」精度低下が影響か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=小林泰明】米メタ(旧フェイスブック)が2日発表した2021年10~12月期決算は、売上高が前年同期比20%増の336億7100万ドル(約3・8兆円)、最終利益は8%減の102億8500万ドル(約1・2兆円)だった。減益は2019年4~6月期以来となる。成長が鈍化すると市場に受け止められ、同社の株価は時間外取引で急落した。

メタのロゴ(ロイター)
メタのロゴ(ロイター)

 減益となったのは、アップルがiPhone(アイフォーン)利用者の行動追跡が難しくなる対策を導入し、利用者の関心に沿った広告を表示するメタの「ターゲティング広告」の精度が低下した影響とみられる。

 売上高の大半を占める主力の広告事業の売り上げは20%増と堅調だった。フェイスブックやインスタグラムなど傘下サービスの月間利用者は9%増の約36億人となった。

 マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者は2日の電話会見で「TikTok(ティックトック)のような(競合)アプリが急速に成長している」と競争激化に警戒感を示した。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2727475 0 経済 2022/02/03 10:51:00 2022/02/03 10:51:00 2022/02/03 10:51:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220203-OYT1I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)