感染拡大で除菌製品「クレベリン」大増産、ブーム失速して大量売れ残り

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大幸薬品が18日発表した2021年12月期連結決算は、最終利益が95億円の赤字(前期は38億円の黒字)となった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて主力の除菌製品「クレベリン」を大幅に増産したものの、大量に売れ残り、損失を計上したことが響いた。

東京都で2万7676人がコロナ感染、4日ぶりに1週間前を上回る

 20年12月期はクレベリンの売れ行きが伸び、過去最高の最終黒字となった。さらに需要が拡大すると見込んで、約23億円を投じて新工場を建設していた。大幅に生産を増やして攻勢に打って出たところ、ブームが失速し、在庫が積み上がった。新工場も昨春から稼働を停止している。

消費者庁が入る中央合同庁舎4号館
消費者庁が入る中央合同庁舎4号館

 消費者庁は今年1月、クレベリンから派生したシリーズ4製品について、「空間に浮遊するウイルス・菌を除去」などとする表示には根拠がないとして、表示取りやめなどを命じる措置命令を出した。これを受けた返品に備え、引当金も損失として計上した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2772426 0 経済 2022/02/18 20:53:00 2022/02/19 19:11:42 2022/02/19 19:11:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220218-OYT1I50145-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)