コストコ、三重県初出店へ…亀山IC近くで最終調整

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 米国発祥の会員制大型量販店「コストコ」を展開する「コストコホールセールジャパン」(川崎市)が、三重県亀山市の東名阪自動車道・亀山インターチェンジ(IC)近くに出店する方向で、最終調整に入ったことが18日、分かった。

コストコ
コストコ

 実現すれば、三重県では初出店となる。東海3県では愛知県常滑市、岐阜県羽島市、名古屋市守山区に続き、4店目。

コストコが出店の調整に入った亀山IC付近(読売ヘリから)
コストコが出店の調整に入った亀山IC付近(読売ヘリから)

 ケン・テリオ社長は昨年6月、名古屋市内で記者団に、「3、4年以内に三重県への出店を考えている」と語っており、進出場所に関心が集まっていた。

 同社は、2030年までに国内店舗を60店に倍増させる目標を掲げており、亀山市では出店に向け、水面下で地権者らと交渉を進めている。

 コストコは欧米やアジア各国に出店し、まとめ買いをする消費者に人気を博している。

 利用には年会費(個人会員は税込み4840円~)を支払い、会員登録をする必要がある。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2773601 0 経済 2022/02/19 05:00:00 2022/02/19 05:00:00 2022/02/19 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220219-OYT1I50069-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)