ガソリン補助金、最大25円に引き上げ…政府決定

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は4日午前の関係閣僚会議で、ガソリン価格を抑える補助金の大幅拡充が柱の新たな原油高対策を決めた。2021年度予算の予備費から3600億円を充てる。ロシアによるウクライナ侵攻で原油価格は一段と高騰しており、家計や企業の負担緩和を図る。

首相官邸
首相官邸

 ガソリン補助金は、石油元売り会社に支給する上限額を現在の1リットルあたり5円から最大25円に引き上げる。レギュラーガソリンの全国平均価格を1リットルあたり172円程度に抑えることを想定している。灯油や軽油なども対象で、10日から適用する。

 このほか、LPガスを使うタクシー事業者への支援もガソリン補助金並みに充実させる。漁業やハウス農家への補助も強化する。

 ウクライナ情勢による経済の悪化や原油高で利益が減少した中小企業には、政府系金融機関からの借入金を中心に金利を引き下げ、経営を支える。

 米欧による厳しい経済制裁に対する報復措置で、ロシアからのエネルギー供給が滞るとの懸念が高まっている。3日の米原油先物価格は一時、約13年半ぶりの高値水準となる1バレル=116ドル台まで急騰した。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2808703 0 経済 2022/03/04 14:22:00 2022/03/04 14:22:00 2022/03/04 14:22:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220304-OYT1I50109-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)