住信SBIネット銀、東証1部上場を延期…ウクライナ侵攻で株価低迷受け

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京証券取引所は7日、住信SBIネット銀行の東証1部上場の承認を取り消したと発表した。24日にネット専業銀行として初めて新規株式公開(IPO)を行う予定だった。ロシアによるウクライナ侵攻で市況が急激に悪化し、住信SBIが上場延期を東証に申し出た。

住信SBIネット銀行
住信SBIネット銀行

 住信SBIは侵攻前の2月15日に上場が承認された。しかし、日経平均株価(225種)は下落基調が続き、投資家心理が冷え込んでいるため、想定通りに株式を売却するのは困難と判断した。住信SBIなどは上場手続きの再開時期について、「株式市場の動向を見極めたうえで総合的に判断する」と説明している。

 上場承認時の想定発行価格は1株あたり1920円で、時価総額約3000億円と試算される大型のIPOとして注目されていた。

東京証券取引所
東京証券取引所

 今年のIPO中止は、不動産投資信託を含め住信SBIで5件目となる。株価低迷が長期化すれば、IPOの中止が続く可能性がある。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2816846 0 経済 2022/03/07 19:00:00 2022/03/07 19:00:00 2022/03/07 19:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220307-OYT1I50128-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)