痴漢被害多い大江戸線、女性専用車両を導入へ…都は混雑への影響小さいと判断

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都交通局は22日、都議会の予算特別委員会で、都営地下鉄大江戸線に女性専用車両を導入する方針を明らかにした。公明党の松葉多美子都議の質問に内藤淳交通局長が答えた。

のぞみ乗車率140%・はくたか130%…「ウィズコロナ」のお盆、海水浴場もにぎわう
東京都庁
東京都庁

 大江戸線は痴漢被害が多く、2020年度に交通局が警察に通報した被害申告28件のうち、13件が同線内だった。専用車両の導入で他の車両の混雑が懸念されるが、都は、コロナ禍で乗客自体が減っており、影響は小さいと判断した。今後、導入済みの新宿線を参考にしながら、検討を進める。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2861950 0 経済 2022/03/24 11:39:00 2022/03/24 12:54:31 2022/03/24 12:54:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220324-OYT1I50051-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)