かつてはF1レースも開催、富士スピードウェイを「フォレスト」に…トヨタなど開発

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トヨタ自動車や東和不動産などは6日、富士スピードウェイ(静岡県小山町)を中心とする開発計画の名称を「富士モータースポーツフォレスト」にすると発表した。ホテルや博物館を2022年秋に開業させ、順次、温浴施設やレストランなどに広げる。家族が楽しめる施設にすることで、来場者は現在の年70万人から100万人へと拡大させたい考えだ。(山本貴徳)

今年秋に開業する富士モータースポーツミュージアムの展示イメージ
今年秋に開業する富士モータースポーツミュージアムの展示イメージ

 フォレストは、モビリティーとモータースポーツの魅力を体験できる「大人の遊び場・社交場」を目指す。名称には、モータースポーツのすそ野を、タネから森へと大きく育てていくという思いを込めた。

 トヨタの豊田章男社長は「自動車産業の発展にモータースポーツは不可欠。未来に向けたタネを、たくさんまいていく」とコメントした。

レーシングチームのガレージや、ホテル、ミュージアムなどが集まる「フォレスト」のイメージ
レーシングチームのガレージや、ホテル、ミュージアムなどが集まる「フォレスト」のイメージ

 広さは約250ヘクタールで、東京ドームの約50個分になる。〈1〉富士スピードウェイ〈2〉温浴施設・レストランなど〈3〉レーシングチームのガレージ――の三つの区域で構成される。

 富士スピードウェイでは、レース以外に多様な試乗イベントなどを行うほか、コースの近くにキャンプをしながらレース観戦を行うことなども検討する。

 ガレージは順次開業し、レーシングカーの開発に携わるドライバーやエンジニア、メカニックらの活動を間近で見ることができるという。

 ホテル「富士スピードウェイホテル」は、米ホテルチェーン・ハイアットの系列会社が運営を手がける。併設する博物館「富士モータースポーツミュージアム」には歴代レーシングカーなど約40台を展示する。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2901181 0 経済 2022/04/07 07:21:00 2022/04/07 07:21:00 2022/04/07 07:21:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220407-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)