「丸亀製麺」と丸亀市、うどんでの食育など地域活性化で協力へ…市長「名前広めていただいた」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 うどんチェーン「丸亀製麺」を展開するトリドールホールディングスは13日、香川県丸亀市との間で「地域活性化包括連携協定」を結んだ。今後、うどんを通じた食育や健康づくりに加え、災害対策や子育て・高齢者支援などの幅広い分野で協力する。

特産の「丸亀うちわ」に調印したトリドールホールディングスの粟田社長(左)と丸亀市の松永市長(13日、東京都渋谷区で)=大塚健太郎撮影
特産の「丸亀うちわ」に調印したトリドールホールディングスの粟田社長(左)と丸亀市の松永市長(13日、東京都渋谷区で)=大塚健太郎撮影

 丸亀製麺は兵庫県加古川市で創業。丸亀市に讃岐うどんの店が多いことや、粟田貴也社長の父親が旧制丸亀中出身といった縁もあり、「丸亀」を冠した屋号としているが、丸亀市との関係の薄さが指摘されてきた。

 丸亀市の松永恭二市長は「市民はうどんへの愛情があるので、いろいろな意見が出るが、丸亀という名前を全国に広げていただき、感謝していると思う」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2918596 0 経済 2022/04/13 14:19:00 2022/04/13 18:08:22 2022/04/13 18:08:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220413-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)