「三菱スペースジェット」、米の開発拠点を3月末で閉鎖…事業再開のメド立たず

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

滑走路から離陸する三菱スペースジェットの最終試験機(2020年、愛知県豊山町の県営名古屋空港で)=橘薫撮影
滑走路から離陸する三菱スペースジェットの最終試験機(2020年、愛知県豊山町の県営名古屋空港で)=橘薫撮影

 国産ジェット旅客機「三菱スペースジェット(MSJ)」の開発を行っている三菱航空機(愛知県豊山町)が、米ワシントン州モーゼスレイクにある開発拠点を3月末で閉鎖していたことが13日、わかった。同社はすでに、モーゼスレイク以外に北米にあった2か所を閉鎖しており、これで北米の開発拠点を全て閉鎖したことになる。

 同社は現在、飛行試験を行っておらず、モーゼスレイクでも、米国にある試験機4機の保守作業のため、必要最小限の人員を置くにとどめていた。

 同社は、4機のうち3号機を解体処理。3月14日に「航空の用に供さない」として、国土交通省に対し、日本国籍の登録抹消を申請し、国交省は同17日付で抹消した。同社は日本で保管する1機を含め、計5機の登録を受けていたが、抹消は初めて。

 親会社の三菱重工業は2020年10月、開発が難航していることなどから、量産化の凍結を表明し、開発費や三菱航空機の従業員を大幅に減らしていた。

 三菱重工は、旅客機の就航に必要な「型式証明(TC)」の文書作成などを続けているが、事業再開のメドは立っていない。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2919908 0 経済 2022/04/13 21:45:00 2022/04/13 21:45:00 2022/04/13 21:45:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220413-OYT1I50119-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)