トヨタ新型EVサブスク提供へ、値崩れ不安は「存在しない」…電池性能は一定程度保証

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トヨタ自動車は、新型電気自動車(EV)「bZ4X」を、個人向けは定額利用サービス「 KINTOキント 」を通じて5月12日から提供する。現在のEVは維持費も含めてガソリン車に比べて割高なため、ユーザーの不安を減らす狙いがある。(山本貴徳、牧志朝英)

保険・自動車税含む

トヨタ自動車が5月に発売する新型EV「bZ4X」
トヨタ自動車が5月に発売する新型EV「bZ4X」
メーターを見やすくするなど内装も工夫を凝らした
メーターを見やすくするなど内装も工夫を凝らした

 トヨタの佐藤康彦・国内販売事業本部長は12日のオンライン記者会見で、「今までの日本の売り方を変えていくことにチャレンジしたい」と述べた。

 定額制(サブスクリプション)のbZ4X専用プラン(月額利用料は5月2日に公表)は、最長で10年間利用できる。月額利用料には保険料や自動車税、メンテナンス代などが含まれる。

 EV関連の補助金を活用するため、4年間は利用する必要があるものの、5年目からは利用料が段階的に下がる仕組みだ。中途解約金もゼロになる。

 国内で当面、主流の「売り切り」を行わないのは、「顧客の不安に丁寧に向き合うため」(佐藤氏)という。

 EVの電池は繰り返し充電して使うと性能が徐々に劣化するため、乗り換える際に下取り価格が「値崩れ」する恐れがある。そもそも、EVは中古車としてほとんど出回っていないため、下取り価格は見通しにくい。

 キントなら、利用期間が終われば車を返却する形となるため、「下取り価格への不安はそもそも存在しない」(キントの小寺信也社長)というわけだ。

まず5000台

 EVの弱点を補う取り組みは他にも見られる。

 bZ4Xは、1回の充電で走れる距離が最大559キロ・メートル(前輪駆動車、WLTCモード)で、遠出するにも十分だ。仮に電池の残量が少なくなっても、出力90キロ・ワットの急速充電器なら、30分間で約275キロ・メートル走れる。

 それでも、一般的にEVは、電池が劣化して走れる距離が短くなることへの不安が大きいとされており、キントは契約中の電池性能についても一定程度、保証する。

 bZ4Xは、保険料などのベースとなる車両価格は600万~650万円で、法人向けもリースで販売する。5月12日から3000台分の申し込みを受け付け、今年度は計5000台の生産・販売を予定している。

「最後まで責任」

 メーカーにとって、EVは1回売って終わり、というわけにはいかない。脱炭素化に向け、社会的責任を果たすには電池をどのように回収し、利用していくかが問われる。

 bZ4Xの販売では、その点も配慮した。車はいったん返却されるため、電池は基本的にトヨタ側が回収する。再利用やリサイクルなどを効率良く進めることができる。佐藤氏は「車の一生の最後まで、責任を持ってやる覚悟だ」と強調する。

 ユーザーとの新たな関係も模索する。

残り:638文字/全文:2000文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2920704 0 経済 2022/04/14 09:12:00 2022/04/14 09:12:00 2022/04/14 09:12:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220414-OYT1I50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)