異例の展開となったG20が閉幕、G7と新興5か国に亀裂

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=田中宏幸、山内竜介】米ワシントンで開かれた主要20か国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は20日午後(日本時間21日未明)、閉幕した。オンラインで参加したアントン・シルアノフ財務相らロシア代表団の発言時に西側諸国の一部が退席するなど、ロシアのウクライナ侵攻を巡る対立が浮き彫りとなった。

クリミア弾薬保管場の爆発、ウクライナ側「重要な標的だった」…関与ほのめかす
イエレン財務長官=ロイター
イエレン財務長官=ロイター

 英政府などによると、ロシア代表団の発言時、イエレン米財務長官や連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長のほか、英、加の代表団らが退席した。

 G20会議の閉幕後、議長を務めたインドネシアのスリ・ムルヤニ・インドラワティ財務相が記者会見し、ウクライナ侵攻と日米欧などによる対露経済制裁について「世界経済の回復を妨げるという認識を共有した」と述べた。

 今回のG20は、ロシアを強く非難する日米欧などG7(先進7か国)と、G20からのロシア排除に反対する新興5か国「BRICS」の中国やブラジルなどとの亀裂が開幕前から表面化し、異例の展開となった。

 日本からは、鈴木財務相と日銀の黒田 東彦(はるひこ) 総裁が参加した。

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2939019 0 経済 2022/04/21 06:23:00 2022/04/21 08:56:42 2022/04/21 08:56:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220421-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)