アサヒビール「スーパードライ」値上げ…10月出荷分から、他社も追随か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 アサヒビールは26日、缶ビールの「スーパードライ」を10月1日出荷分から値上げすると発表した。店頭価格は6~10%程度上がる見通し。麦芽などの原材料やアルミ缶、段ボールなどの包装資材、物流コストなどの上昇が要因。業界を代表する銘柄が値上げに踏み切ることで、他社も追随する可能性がある。

値上げが決まったアサヒビールの「スーパードライ」
値上げが決まったアサヒビールの「スーパードライ」

 スーパードライ缶の値上げは、酒税の改正を除くと2008年3月以来、約14年ぶりとなる。スーパードライ350ミリ・リットル缶の店頭価格が税込み200円の場合、210~220円程度になるとみられる。

 アサヒはスーパードライ以外の酒類やノンアルコール飲料などの計約160商品も値上げする。ビール類のほぼ全商品が対象となるほか、缶チューハイ「 贅沢ぜいたく 搾り」や国産ウイスキー「シングルモルト余市」なども値上げする。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2953465 0 経済 2022/04/26 15:58:00 2022/04/26 20:34:52 2022/04/26 20:34:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220426-OYT1I50094-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)