JR東海、3期ぶり最終黒字へ…コロナ前には届かない見通し

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR東海は26日発表した2023年3月期の連結業績予想で、最終利益を1460億円と見込んだ。コロナ禍で落ち込んでいた東海道新幹線の利用者数が回復し、3期ぶりの最終黒字になると予想した。ただ、4000億円前後で推移していたコロナ前には届かない見通しだ。

沖縄県の玉城デニー知事がコロナ感染
JR東海
JR東海

 金子慎社長は記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種が進んでいることなどを挙げ、「いよいよ回復が見込めるのではないか。今年こそ、守る一方ではなく、積極的な展開ができる年になればと期待している」と述べた。

 売上高は前期比42・4%増の1兆3320億円と見込んだ。このうち運輸収入は1兆130億円で、22年4~9月はコロナ前の18年の同期に比べて65%にとどまるものの、10月~23年3月は80%まで回復すると想定した。

 同時に発表した22年3月期連結決算は、売上高が13・6%増の9351億円、最終利益は519億円の赤字(前期は2015億円の赤字)だった。本業のもうけを示す営業利益は17億円で、2期ぶりの黒字となった。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2955197 0 経済 2022/04/27 01:10:00 2022/04/27 02:11:53 2022/04/27 02:11:53 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220426-OYT1I50197-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)