6月の電気料金、大手5社で値上げ…ガス料金は大手全4社が10か月連続の値上げ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 電力大手10社と都市ガス大手4社は27日、6月分の料金を発表した。電力大手ではすでに「燃料費調整制度」に基づく上限価格に達していた5社を除き、5社で上昇する。新たに東北電力が上限価格に達した。

 平均的な使用量の家庭の料金(消費税込み)は、東京電力で前月比60円増の8565円、北海道電力は85円増の8464円となる。ガス大手は10か月連続で全社で値上がりし、東京ガスは24円増の5808円となる。1年前と比べると東京電力は1652円、東京ガスは1111円の上昇となる。

 液化天然ガス(LNG)や石炭などの価格変動分を料金に反映する国の制度は、転嫁できる上限が設けられている。家庭の負担増には歯止めがかかるが、上限を超えれば価格を転嫁できない電力・ガス会社の業績悪化につながる。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2957571 0 経済 2022/04/27 20:47:00 2022/04/27 23:53:11 2022/04/27 23:53:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220427-OYT1I50218-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)