リニア水問題、静岡県知事がJR東海提案に否定的見解…流域首長と温度差

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 リニア中央新幹線静岡工区で山梨県側に流出する湧水を大井川に戻すJR東海の提案について、静岡県の川勝平太知事は28日、記者団に対し、「(県が求める)全量戻しにはならない」と否定的な見方を示した。具体案の提示で着工に向けた前進が期待されていたが、再び不透明な状況になった。

JR東海の新提案に対する見解を述べる川勝知事(28日、静岡県庁で)
JR東海の新提案に対する見解を述べる川勝知事(28日、静岡県庁で)

 26日に、難波喬司副知事がJR東海の提案について「案としては十分あり得る」と肯定的な見解を示していたが、川勝知事は、「(問題の解決策には)ならない」と述べるなど、県庁内の意見の隔たりも鮮明になった。

 提案は山梨県側に流出した湧水と同じ量だけ、大井川上流にある東京電力ホールディングス子会社の田代ダムで発電用に取水する量を減らす内容が軸だった。

 川勝知事は田代ダムの水利権について、国や静岡県、関係市町、東電と協議を重ねて合意していると強調。「人の水利権を奪う。よそ者が入ってきて水をよこせというのは乱暴」と話した。

 事前に掘る先進坑が貫通した後にポンプで水を戻すJR東海の提案も水質などを理由に拒絶。「全量戻しは掘削中に出る水を全て戻すことだ」と持論を述べた。

 26日にJR東海の提案を受けた県専門部会は協議を続ける方針だ。川勝知事は「議論は問題ない」としたが、「全量戻し(の提案)は破綻した」と断言した。

大井川流域市長ら評価

 一方、大井川流域市町の首長らからはJR東海の提案を評価する声が上がっており、川勝知事の見解との温度差が生じている。

 島田市の染谷絹代市長は、「これまでにない提案。政策的な議論で突破口を開く第一段階」と歓迎。焼津市の中野弘道市長も「住民の安心につながるように検討されたものと考え、評価する」としている。

 静岡工区の湧水の流出先となる山梨県の長崎幸太郎知事は27日の記者会見で「大変、努力の成果が見られる案だ。静岡県も納得してもらい解決の第一歩になる予感がする」と期待感を示した。

 愛知県の大村秀章知事も27日、「大いに評価する。早期に全線着工されるよう強く求めたい」とした。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2962011 0 経済 2022/04/29 10:17:00 2022/04/29 10:17:00 2022/04/29 10:17:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/04/20220429-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)