日経平均終値、185円高の2万7003円…2週間ぶり2万7000円台回復

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 連休明け6日の東京株式市場は2022年3月期決算で好業績を発表した企業への買いが入り、日経平均株価(225種)は、前営業日の2日終値比185円03銭高の2万7003円56銭だった。日経平均が2万7000円台を回復したのは、4月22日以来、2週間ぶり。

 東証株価指数(TOPIX)は、17・56ポイント高い1915・91。

東京証券取引所
東京証券取引所

 連休明け6日の東京株式市場は買い注文が優勢だった。日経平均株価(225種)は前営業日の2日終値比185円03銭高の2万7003円56銭だった。2万7000円の大台を回復したのは4月22日以来、2週間ぶり。

 前日の米主要株価指数の大幅下落の流れを引き継ぎ、東京市場も朝方は半導体関連などが下落し、日経平均は一時、250円超値下がりした。売り一巡後は、発表が本格化している国内企業の2022年3月期決算で、好業績が相次ぐ機械などの業種に買いが入り、相場は上昇に転じた。

 市場では「当面は決算を材料にした値動きが続く」(大手証券)との見方が出ている。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2977105 0 経済 2022/05/06 15:15:00 2022/05/06 23:59:42 2022/05/06 23:59:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220506-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)