赤々と実ったサクランボ収穫ピーク「色付き良く、糖度も高い」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

赤々と実った佐藤錦を収穫するスタッフ(12日、南部町で)
赤々と実った佐藤錦を収穫するスタッフ(12日、南部町で)

 青森県南部町大向の留長果樹園で、ハウス栽培のサクランボの収穫が最盛期を迎えている。昨年9月頃に気温が高い状態が続いたことや、燃料価格高騰の影響で、例年より1週間ほど遅い収穫開始となったが、収穫量は平年並みという。

 約30アールのハウス内では、スタッフらが赤々と実った「佐藤錦」を次々と摘み取っていく。園主の留目秀樹さん(59)は「色付きも良く、糖度も高いサクランボに仕上がったので、ぜひ味わってほしい」と胸を張る。

 留長果樹園での収穫作業は5月いっぱいまで。県内外に出荷するほか、ウェブサイトで販売している。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
2999817 0 経済 2022/05/14 22:11:00 2022/05/14 22:11:00 2022/05/14 22:11:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220514-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)