ユーロ圏の経済成長率見込み、2・7%に下方修正…ウクライナ侵攻に伴う供給網混乱などで

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ロンドン=池田晋一】欧州連合(EU)の執行機関・欧州委員会は16日、春の経済見通しを発表した。ロシアのウクライナ侵攻に伴う供給網の混乱などにより、独仏などユーロ圏の2022年の経済成長率を2・7%と見込んだ。侵攻前の2月上旬に予想した4・0%から下方修正した。

カスピ海からキーウの高層住宅をミサイル攻撃か、死亡した男性の妻はロシア人…現地報道

 23年の成長率予測も2・7%から2・3%に引き下げた。エネルギー価格が高騰したほか、供給網の乱れで食品などの生活必需品も値上がりし、家計の購買力が低下しているためだ。物価上昇率は4~6月期にピークを迎え、前年同期と比べ6・9%上昇すると予測している。

 欧州委のバルディス・ドムブロフスキス上級副委員長は声明で「ロシアの戦争が続く限り、(欧州)経済の不確実性とリスクは高まったままだ」と指摘した。

ウクライナ侵攻、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3006234 0 経済 2022/05/17 12:23:00 2022/05/17 14:39:37 2022/05/17 14:39:37

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)