登場から50年、ジャー炊飯器は進化が止まらない…「かまどの甘味再現」や「アプリ連携」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 炊飯と保温の機能を兼ね備えた「ジャー炊飯器」の登場から今年で50年。進化は今も止まらず、メーカー各社は内釜や炊き方に工夫を凝らし、開発にしのぎを削る。コロナ禍で自宅の食事にこだわる人が増える中、10万円を超えるような高機能品が売れ筋となっている。

国内で新たに2万3346人感染…死者18人、重症者は50人

 国産初の自動式電気釜は東芝が1955年に発売した。当時は電気釜で炊いたコメを別の保温ジャーに移していた。電気釜と保温ジャーを一体化したジャー炊飯器の登場は72年。三菱電機が発売すると、移しかえの手間を省いてくれる画期的な商品として人気を集めた。

 以後、保温機能は炊飯器の「常識」となり、開発はさらに進んだ。マイコンで火加減を調整するものから、現在は釜自体が高温で発熱するIH(電磁誘導加熱)方式に主流が移っている。

 日本電機工業会(JEMA)によると、ジャー炊飯器の2021年度国内出荷台数は前年度比約10%減の499万台。コメ離れの影響で減少傾向にあるが、出荷額(985億円)は約7%減にとどまった。高機能品が単価を押し上げているとみられる。

 メーカーも消費者の志向を見逃さない。三菱電機が発売を予定するのは、ジャー炊飯器の誕生50年を記念した「本炭釜  つむぎ 」。想定価格12万1000円の最上位機種だ。手作業で加工した炭製の内釜により、高温で連続沸騰させることで「かまどで炊いたような粒感と甘み」(担当者)が味わえるという。中国の都市封鎖(ロックダウン)の影響で部品調達が遅れているため、発売時期を調整している。

 パナソニックが発売中の「おどり炊き SR―VSX1」(想定価格11万5000円)はスマートフォンのアプリと連携させると、その年のコメの出来栄えに応じて炊き方を更新できる。例えば、冷害や日照不足でぱさつきやすくなりそうな年は、火力を下げるなどして、粘りを引き出すという。

 東京都内のビックカメラ池袋本店の売り場には、高機能炊飯器がずらりと並ぶ。担当者は「ご飯にこだわる人が増え、購入単価が上がっている。おいしいご飯を一度味わうと、価格帯を下げなくなるようだ」と話す。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3008376 0 経済 2022/05/18 05:00:00 2022/05/18 17:11:12 2022/05/18 17:11:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220517-OYT1I50193-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)