「メタバース」で音楽やゲーム提供、ソニーが成長事業に位置付け強化

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ソニーグループは18日、インターネット上の仮想空間「メタバース」の関連サービスを強化する方針を発表した。メタバースを通じた音楽やゲームの提供を新たな成長事業と位置付ける。

ソニーグループ本社(東京都港区で)
ソニーグループ本社(東京都港区で)

 同日の経営方針説明会で吉田憲一郎会長兼社長CEO(最高経営責任者)が明らかにした。ソニーの2022年3月期連結決算は、音楽や映画、ゲームのエンターテインメント分野が売上高の5割を超える主力事業となっている。

 吉田氏は「メタバースはゲーム、音楽などが交差するライブネットワーク空間だ」と述べ、ソニーの強みを生かした事業展開ができるとの認識を示した。すでにソニー・ミュージックエンタテインメント所属の歌手がメタバース上でコンサートを開くなど、新しいライブ体験の提供を始めている。

 ホンダと提携した電気自動車(EV)の開発については、安全性の向上に欠かせない車載用センサーなどを挙げ、「貢献できるところに集中していく」と語った。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3010446 0 経済 2022/05/18 19:06:00 2022/05/18 19:06:00 2022/05/18 19:06:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220518-OYT1I50126-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)