東京モーターショーを名称変更、全産業が連携の「オールインダストリーショー」に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は19日の記者会見で、2023年に開催する「東京モーターショー」を「JAPANオールインダストリーショー」に改称する考えを明らかにした。「モビリティー(移動手段)の枠を超えて日本の全産業が連携し、たくさんの人が集まる全く新しいショーを目指す」と述べた。

2019年の東京モーターショーで展示された車両
2019年の東京モーターショーで展示された車両
日本自動車工業会会長の豊田章男・トヨタ自動車社長
日本自動車工業会会長の豊田章男・トヨタ自動車社長

 国内外の自動車メーカーが新型車や最新技術を披露する東京モーターショーは、1964年に前身の「全日本自動車ショー」を改称して始まった。2019年以来、4年ぶりの開催となる23年のテーマは「グリーン&デジタル」。脱炭素や人工知能(AI)の技術開発に取り組む新興企業や部材メーカーなどにも参加を呼びかける。開発競争が激化している電気自動車(EV)や自動運転などの最新技術が披露される見通しだ。

スクラップは会員限定です

使い方
「経済」の最新記事一覧
3013532 0 経済 2022/05/19 21:07:00 2022/05/20 00:21:43 2022/05/20 00:21:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/05/20220519-OYT1I50126-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)